たぬ記 [ 共和通日 81907.17 ]

81907.17 224:93.170

墓が怖いと言ふ人が多い.しかし,私には理解しがたい感情である.墓があるといふのは,我々が人の尊厳に配慮し,物質の繁榮だけにとらはれることなく精神の榮光も考へて生きてゐる證である.しかも個人の獨力で墓を建ててゐるだけではなく,墓を設置・運用するための組織を整へ,あまつさへ法令まで定めてゐるといふことは,我々が死者への共感を抱いて社會を構成してゐるといふことである.墓はむしろめでたいものだと言はねばならぬ.

  • public