たぬ記 [ tag: 暦 ]

81875.289 224:61.289

PHP の標準函數で日付・時刻を扱ふのが辛い. Library がほしい.人氣のあるものが既にあるだらうか.

  • public

81868.453 224:54.453

「 1 日營業」と聞くと,ある日の日の出から日の入りまでの 0.5 d ほど營業してそれ以降營業しないやうな臨時の店を想像する.しかし「 24 時間營業」と聞くと,絕えて休むことのない店を想像する.この例において,「 1 日」と「 24 時間」は等價ではない.このやうに月日と時間に對し異なる單位を用ゐることを我々の現在の言語は前提としてゐる.私は共和暦を用ゐてこの二者に對して同じ單位を用ゐる生活を目指してゐるが,そのためには言語の改革も必要となる.

  • public

81787.572 223:339.572

私はいま比例共和暦を使つてゐる.さらに,普及したいと思つてゐる.だが,實際に常用するとなると,問題もありさうだ.

そのうちの一つは,「日」に關する問題だ.比例共和暦では,これを時間の單位として用ゐる.例へば, gc で「今日は 12 時間働いた」と言ふ内容を, prc では「今日は .5 日働いた」と言ふ.現在の「日」の使ひ方とは差異がある.現在「 1 日がかりで……」等と言ふとき,この「日」は 24 gc h の意味ではない.せいぜい 16 gc h くらゐの時間だらう.

また, gc で「週に 3 日 parttime をする」と言ふとき,この「日」も 24 gc h の意味ではない.これは「週に 3 囘」の意味である.

prc を導入するにあたつて,これらの問題を解決する必要がある.

  • public

81785.449 223:337.449

1 d を 15 gc min ごと區切ると, 96 分割となる.概ね 100 分割である. 100 分割ならば, 10 進數 3 桁で表現できる.だが gc では時刻を 3, 4 桁で表記する.例へば「 9: 04 」「 10:23 」のやうにである.冗長である. rc の方が無駄がない.

  • public

81744.106 223:296.106

現行の時・分・秒なる單位は廢するべきだと私は考へてゐる.代はりに d 日・ c 日 ・ m 日を使ふべきだと考へてゐる.日は地球の自轉周期に一致するから,文化に依存しない普遍的な單位である.他方,時・分・秒なる,日を 24 進法・ 60 進法で切り分けた單位は恣意的である.人間の慣習と自然の現象が對立してゐるときは,自然の現象に寄るのが理系的態度であらう.

しかし,新しいことを知つた.圓を定規と compass で以て 12 等分することはたやすい.他方 10 等分することは難しい.すると,日時ごとき循環する數については, 12 進法で測るのが自然であり, 10 進法で測るのはむしろ人爲的と言へるのではないか.

だが,上の見解にも反論の餘地はある.定規と compass で作圖をするといふのもまた人間の慣習である.これに縛られる必要はない.道具の進歩した今日にあつては 12 進法を捨てるべきだ.かう言ふこともできる.

  • public

81739.411 223:291.411

「季節經過率」といふ指標を提案する.例へば,現在の季節經過率は 3.18 である.これは,第 3 季の 0.18 が經過したことを示す.第 n 季と日本語季節名の對應は,

  • 0 秋 ( 秋分 - 冬至 )
  • 1 冬 ( 冬至 - 春分 )
  • 2 春 ( 春分 - 夏至 )
  • 3 夏 ( 夏至 - 秋分 )

のとほりである.

  • public

81736.525 223:288.525

暦に關し,以下を提言する:

元を減らせ.

現行の暦は,年・月・日・週・時・分・秒の 7 元を用ゐてゐる.これを減らすべきである.

月を廢止せよ.

月は月の朔望周期の荒い近似である.月の朔望周期上の位相がどうであらうと,生活への影響はほとんどない.これを參照する必要などないのだ.さらに,荒い近似などない方がましだ.

時間を十進化せよ.

年・日を 0 から數へ始めよ.

春分を年の初めとせよ.

  • public

81734.119 223:286.119

Gregorius 暦では日時の單位が 年・月・日・時・分・秒 の 6 元がある.他方共和暦では 年・月・日 の 3 元まで減る.時・分があるではないか:といふ反論があるだらうが,時は deci 日,分は milli 日として定義されてゐるから,元ではないと言つて良い.私は共和暦をさらに改良して,月も廢止してゐる.よつて私の暦は年・日の 2 元で成り立つてゐる.大變單純である. Gregorius 暦の 6 元の體系など,頭の良い人にしか使へないものである.あまりにも慣習として定着してゐるから,この複雜さが省みられてゐない.

  • public

81728.067 223:280.067

「月」の使用をやめることにした.理由は二つある.

近似が荒い

「年」は地球の公轉周期の良い近似,「日」は地球の自轉周期の良い近似である.他方,「月」は月の朔望周期の荒い近似である.荒い近似など,ない方がましである.

十進法に從はない.

しかも, Gregorius 暦で 28 - 31 日,共和暦で 30 日であり,十進法に從はない.十進主義により,排すべきである.

  • public

81612.657 223:164.657

linux 上で共和暦を常用したい.そのための手段として, locale を自分で作るといふのがあり得ると思う.やつてみようと思ひ既存の locale file を見たが,とても讀めるものではなかつた.どこかに作り方は載つてゐるだらうか.

いま man を見たらいろいろ書いてあつた.

  • public

81600.555 223:152.555

共和暦を使ふ場合, gc の時間單位で記述された定數は,換算する必要がある.有名なところでは,

  • 光は 1 gc s に地球を 7.5 周する.
  • 東京から靜岡は新幹線で 1 gc h かかる.
  • cup ラーメンは湯を入れて 3 gc min でできる.
  • 最低賃銀は概ね 800 yen / gc h .
  • 音速は概ね 340 m / gc s .
  • 2 gc h drama
  • 5 gc min 行動
  • public

81600.542 223:152.542

共和暦でも 1 箇月 = 30 日 であり, 10 進法ではない.邪魔である.もはや「月」など使はずに暮らした方が良いのではないかと思はれる.

  • public

81600.541 223:152.541

「 1 箇月」といふ單位は,月の公轉周期の荒い近似である.荒い近似など,ない方がましである.

  • public

81599.8 223:151.8

rc 今日は勢い良く class RevDate, class RcTime を實裝した.今囘は孤立した class として作つた.しかし,今後,既存の class Date, class Time から繼承するやうに作り直す必要がある.さうしないと不便だらう.

  • public

81599.696 223:151.696

共和暦では 1 箇月 = 30 日 が保證されてゐる.この利得は極めて大きい.

例を示さう. 3 月, 4 月, 5 月の日數の總計はいくらか. Gregorius 暦ではかうなる:

ええと, 3 月は 31 日間, 4 月は 30 日間, 5 月は 31 日間.よつて,答は,これらを足して 92 日間.

これに對して,共和暦では 30 * 3 = 90 日間,と一瞬で答が得られる.

Gregorius 暦 2016 年の初頭,私は, France 共和政に同調を示すために共和暦を使ふことを選んだ.しかし,使ふうちに,上のごとき實用性に強く惹かれるやうになつた.よつて,今日からは,置閏法も Romme 法を採用する.この方式では, 「 ( 連續する ) 4 年 = 365 * 4 + 1 」が保證される.今日まで採用してきた秋分法にはない利點である.

  • public

81599.222 223:151.222

共和暦における置閏法には次の 4 種がある:

  • 秋分法
  • Romme 法
  • 連續法
  • 128 年法

私は秋分法を使ひたいと思つてゐる.秋分法により閏年を定めるには,秋分日を計算できなければならない.秋分日を計算するには,天體計算ができなければならない.少し調べた限り,以下の項目を理解せねばならぬやうだ:

  • 秋分
  • 黄經
  • Jurius 日

道は遠さうである.

  • public

81598.602 223:150.602

共和暦を使ふときの置閏法は equinox 法を採用してきた.これは France 革命當時,共和暦が現用されてゐたときの置閏法である.しかし, net ではどうも Romme 法が優勢のやうだ.どうしようか.迷ふ.

  • public