たぬ記 [ tag: 十進主義 ]

81744.106 223:296.106

現行の時・分・秒なる單位は廢するべきだと私は考へてゐる.代はりに d 日・ c 日 ・ m 日を使ふべきだと考へてゐる.日は地球の自轉周期に一致するから,文化に依存しない普遍的な單位である.他方,時・分・秒なる,日を 24 進法・ 60 進法で切り分けた單位は恣意的である.人間の慣習と自然の現象が對立してゐるときは,自然の現象に寄るのが理系的態度であらう.

しかし,新しいことを知つた.圓を定規と compass で以て 12 等分することはたやすい.他方 10 等分することは難しい.すると,日時ごとき循環する數については, 12 進法で測るのが自然であり, 10 進法で測るのはむしろ人爲的と言へるのではないか.

だが,上の見解にも反論の餘地はある.定規と compass で作圖をするといふのもまた人間の慣習である.これに縛られる必要はない.道具の進歩した今日にあつては 12 進法を捨てるべきだ.かう言ふこともできる.

  • public

81728.067 223:280.067

「月」の使用をやめることにした.理由は二つある.

近似が荒い

「年」は地球の公轉周期の良い近似,「日」は地球の自轉周期の良い近似である.他方,「月」は月の朔望周期の荒い近似である.荒い近似など,ない方がましである.

十進法に從はない.

しかも, Gregorius 暦で 28 - 31 日,共和暦で 30 日であり,十進法に從はない.十進主義により,排すべきである.

  • public

81726.372 223:278.372

「平行垂直主義」は有名である.机に pen や紙を置いたり,床に箱や家具を置くときに,何かの基線と平行か垂直を成すやうに置く主義である.状況を清明に保ち,整然と把握し續けるための方法として,理系人の多くに受け入れられてゐることだらう.

私は,常に思考を清明に保つための心的態度として,平行垂直主義に添加して「十進主義」と「比例主義」を提案したい.

十進主義とは,十進法に從ふ單位を重用する主義であり,さうでない單位を排除する主義である.これに據れば, yard pond 法の單位や Gregorius 暦の十二・六十進法の時間單位は斷然排すべきといふことになる.

比例主義とは,現象に尺度を附與する際,なるべく比例尺度を用ゐる主義である.

比例主義について,例を擧げて説明しよう.現在,學校の學年は,入學した年度の學生・生徒を「 1 年生」,その次の年度のそれらを「 2 年生」としてゐる.この呼び方において,「 1.5 年生」とはどんな學生・生徒を指すだらうか.それは,入學から 0.5 年經つた學生・生徒を指すとするのが自然な擴張だらう.この呼び方においては, x 年生の在學期間を y 年としたとき, x と y は y = x - 1 といふ式で結ばれることになる. x と y は比例しない.

他方,假に,入學した年度の學生・生徒を「 0 年生」,その次の年度のそれらを「 1 年生」としてみよう.この呼び方において,「 1.5 年生」とはどんな學生・生徒を指すだらうか.それは,入學から 1.5 年經つた學生・生徒を指すとするのが自然な擴張だらう.この呼び方においては, x 年生の在學期間を y 年としたとき, x と y は y = x といふ式で結ばれることになる. y は x に比例する.

比例主義とは,後者のやうな尺度をなるべく採用しようといふ主義である.具體的に言ふならば,數を 1 ではなく 0 から數へ始めようといふ主義である.

  • public